2010年09月05日

検索キーワードを変えてサンプルコードを実行

では今回は検索キーワードを変更してテストしてみますよ。

まず、前回のサンプルコードを見直します。


http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?developerId=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx&operation=ItemSearch&version=2010-08-05&keyword=%E7%A6%8F%E8%A2%8B&sort=%2BitemPrice


よく見ると「keyword=%E7%A6%8F%E8%A2%8B」となっている
ところがあるのが分かると思います。

ここの「keyword=」の後の部分を書き変えれば
検索キーワードを買える事ができます。

でも、いまは「keyword=」の後ろは「%E7%A6%8F%E8%A2%8B」で
なんて書いてあるか分かりません。

もともとの意味は「福袋」ですが
コンピューターにわかるようにUTF-8という文字に
翻訳されているのです。

で、この「福袋」を「%E7%A6%8F%E8%A2%8B」に変える作業を
エンコードといいます。

なんか難しそうですが、カンタンです。
下のページに行ってオプションを「UTF-8」を選択して
エンコードボタンをクリックするだけです。

UrlEncode.net
http://urlencode.net/result.cgi

試しに東京タワーの高さを超えて話題となっている
「スカイツリー」をエンコードしてみましょう。




結果はこうなりました。

「スカイツリー」
 ↓ 
「%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC」

「福袋」よりもかなり長くなっちゃいました。
文字数が多かったからでしょうね。
他にもエンコードしてみます。

「着物」
 ↓
「%E7%9D%80%E7%89%A9」

「下駄」
 ↓
「%E4%B8%8B%E9%A7%84」

「WiMAX」
 ↓
「WiMAX」

アルファベットは変換してもそのままですね。
このエンコードしたコードを「keyword=」の後の部分に
書き変えてURL入力欄にコピペして実行してみます。

すると、「福袋」で検索したときとは違う商品が
表示されます。

これで検索キーワードを変える事でカンタンに
調べたい商品の情報をとれることがわかりましたね。

次は検索条件を追加してみましょう。



posted by tomo at 22:20| Comment(0) | 楽天API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。